機材力のある探偵に就職する方法を調べてみよう

探偵として働く為の2つの方法と必要な資格

探偵として働く為には、大きく分けて二つの方法があります。一つ目は既存の探偵事務所に就職し、そこで調査員として働く方法です。そして二つ目は、自身で探偵事務所を開業する方法です。

既存の探偵事務所で雇って貰う場合は、他の一般的な職業と同様に求人情報を見て調査員を募集している探偵事務所を探します。探偵の求人というととても特殊なイメージを持つかもしれませんが、意外と普通に求人が出されているのが一般的です。職務内容は求人情報によって違いますが、調査員募集と記載されている求人なら、雇用して貰うことが出来れば探偵として働くことが可能です。

希望に合った求人情報が見つからない場合や事務所が欲しい場合は、思い切って探偵事務所を開業してしまった方が良いでしょう。探偵事務所の開業と言っても、実はそれほどハードルは高くありません。探偵というと警察のように捜査をするイメージを持っている人も多いのですが、探偵事務所を開く際には特別な資格は必要ありません。事務所開業予定地を管轄する公安委員会に開始届を提出し、承認されるだけで良いのです。ただし、誰でも開始届が認められるというわけではありません。破産をしている人や暴力団の関係者、それに禁固刑以上の刑を受けている人も探偵として開業することが出来ません。とはいえ健全に生きていた人なら問題なく探偵業を始めることが出来るので、多くの場合心配することはないでしょう。

探偵の開業には特別な資格はありませんが、全くの未経験から事務所を開業するのであれば、できれば事前に探偵の勉強をしておいた方が心強いです。探偵学校では実践のテクニックや調査の際に活用できる機材の扱い方、探偵業に従事していく上で必要な法律の知識などを教えて貰うことが出来ます。探偵学校で学んだ知識があれば、探偵業を始める際の強い武器になるはずです。


機材力のある探偵に就職する為の方法

就職先の探偵がどれぐらいの機材力を持っているのか、事前に調べておくことは大事です。
なぜなら、就職後に技術を磨くことで出来る仕事(調査)も増えますが、そもそも調査機材が揃っていないと出来ない調査もあります。

そのため、就職先の探偵を選ぶときには、その探偵事務所の機材力をあらかじめ調べておくことが大切なのです。

では、どのようにして探偵の機材力を調べたらいいのか、探偵の機材力を調べる方法をいくつかご紹介したいと思います。

・公開情報を調べる
探偵のホームページで調査に使う機材について書かれていることもあるので、まずはホームページから情報を集めておきましょう。

・カメラについて探偵に質問する
電話で使っている機材の事を聞いてみるのも一つの手段です。例えば、「浮気調査を依頼したいのだけど、どんなカメラを使って撮影してくれますか?」といった質問を電話で聞いてみるのもいいかもしれません。 就職面接時に質問をしてみるのもいいですが、質問する雰囲気ではなかったり、なかなか質問が難しい場合があります。

・盗聴器や盗撮カメラの発見調査を行っているか
探偵が機材を多く使う調査として、盗聴器・盗撮カメラの発見調査があります。この調査を取り扱っているかいないかで、調査機材に力を入れているかどうかをある程度判断することができるでしょう。

このように、機材力のある探偵に就職するなら、探偵の機材力について調べると同時に、自らも探偵が使う機材について知識を持っておくことが大事です。